トラブルになる前に弁護士に相談する

必ず警察に連絡

交通事故には費用が掛かる 交通事故といった場合は必ず警察に連絡することです。
それが些細なことでもまずは警察へ連絡します。
決して示談では解決しないように注意をします。

また交通事故で打ち身や怪我をしていたら尚更まず警察に届けを行うことです。
それは保険などを使用するときには事故証明が必要になるからです。
打ち身や怪我はあとでひどくなったり、後遺症が出たりすることがあります。

後遺症
例えばムチ打ちといった症状は最初はそれほど気にならないとしても
あとで症状がひどくなることがよくあるのです。
そのため後になってから通院したり、医療器具の費用がかかることもあるのです。

交通事故による首の捻挫「むちうち」の症状と治療

交通事故などで、首に不自然に強い力がかかったことによる
首の捻挫が俗にいうむち打ちです。

病院での診断名としては、頸椎捻挫と呼ばれています。
事故による衝撃で重い頭部が前後に強く揺さぶられると
首にかなりの負担がかかりますが、直後は痛みの自覚がなく
後になってから痛みが出てくることがよくあります。

首には多くの神経が通っているので、筋肉だけではなく
神経が傷ついてしまうと、手先のしびれやめまいの症状も出ます。

以上のことから、痛みがあるかないかに関わらず、
事故にあった時は整形外科を受診するようにしましょう。

整形外科では、レントゲンの撮影だけで済まさず
MRIの検査も受けておくのをおすすめします。

骨の異常を調べるのにレントゲンは最適ですが、筋肉や神経へのダメージは
レントゲンには写らないので、骨以外の異常を調べるためには
MRI検査を受ける必要があります。

実際の治療としては、痛みを押さえる薬が処方されることが多いです。
また、ブロック注射という局所麻酔によって、痛みや筋肉の緊張をとり
改善を図る治療法もあります。痛みが強い場合は医者に相談すると良いでしょう。

熱や振動等の刺激を加え改善を促す物理療法と、
無理のない範囲で体を動かす運動療法を合わせて行うこともあります。

これらの治療で、むち打ちは約3ヶ月程の期間でほとんどが治癒すると言われています。

早急な対応が肝心


このような理由から交通事故はまず警察へ連絡しておくことです。
くれぐれもその場で解決しようとしないようにしましょう。

医療費