トラブルになる前に弁護士に相談する

事故を起こさないための配慮

交通事故には費用が掛かる

日本は車社会ですので、どこの道でも多くの車が走っています。
そうなると当然、交通事故の回数も多くなってしまいます。

相手からぶつけられるなどの、自分に非のない状況はどうしようもないですが、
交通事故を起こさないために自分に出来ることは、何でもやっておく
必要があります。

飲酒運転などはもってのほかですし、運転中のわき見運転を止めることや、
体調が悪い時は運転しないなど、事故の原因になりそうなことには
気を配るようにしましょう。

飲酒運転の危険性と処分・罰則

飲酒した状態で運転することは、お酒を飲まずに運転したときと比較して
およそ8.4倍も死亡事故率が高くなっています。

たとえ少ない量だったとしても、アルコールは脳の働きを阻害するので注意が必要です。

これは血液中に含まれるアルコール濃度が関係しています。
自分はお酒に強いと思っていても、脳が麻痺しているということも分かっているので
絶対に運転しないようにすることが重要です。

飲酒をすることで判断する能力や注意力、情報を処理する能力が著しく下がってしまいます。
気分が良くなってスピードを出しすぎる、正確な車間距離を理解できなくなる、
危険を感じにくくなったりブレーキを踏むという判断をするまでに
たくさんの時間を要するなどといったことが主な状態です。

飲酒運転をしてしまった場合は、厳しい罰則や行政処分があります。
罰則の場合は運転手だけではなく、同乗者も対象となるので気をつけましょう。

数年の懲役あるいは罰金が科せられてしまいます。
行政処分は酒酔い運転と酒気帯び運転の2種類です。

それぞれ基礎点数がつけられてており、免許を取り消されたり停止させられます。
交通事故を起こさないためにも、日頃から飲酒運転をしないように心がけることが大切です。

事故防止

軽い気持ちが人生を棒に振る


事故を起こして、罰金を払うぐらいならまだいいですが、人身事故を起こしてしまい、
相手に後遺症がのこってしまいますと、相手と相手の家族、そして自分と自分の家族など、
多くの人々に影を落としてしまいます。


運転をするときは、そういった危険性を含んでいることを理解しておくことが重要です。

危機管理