トラブルになる前に弁護士に相談する

営業車による事故のトラブル

交通事故には費用が掛かる 近年、営業車が交通事故を起こした時にトラブルに発展しやすいことが
知れ渡るようになりました。

特に死亡事故などに発展した場合などについては、就業先にも
罰則が科せられることもあり、迅速に対応をすることが求められています。

また、交通事故を起こした時に人身事故として認められた場合には、
原則として行政処分も科せられます。トラブルに発展

点数が累積することによって運転免許の停止や取り消しなどの処分を受けることもあるために、
日ごろから運転免許に関する法律をしっかりと頭の中に入れておくことが良いとされています。

遭ってからでは遅い!知っておきたい交通事故直後の正しい対処法

自動車を運転していて交通事故に遭ってしまった場合
つい気が動転してしまいがちですが、その後に民事・刑事の
責任が及ぶことも考えて、正しい対処法を知っておくことが肝心です。

交通事故直後にはまず自動車を停車して、警察に電話連絡をし、
負傷者がいれば救急車を手配するなどの適切な救護措置をします。

これらは道路交通法にも定められたドライバーの義務ですが、
万が一にも何もせずにその場を立ち去ってしまうなどの行為があった場合、
ひき逃げまたは当て逃げとして刑事罰の対象になることもあり得ます。

警察は通報を受けて現場に到着すると、実況見分をして交通事故の状況を記録します。
その結果は後日、自動車保険の保険金を請求する際に
必要書類となる交通事故証明書の内容にもなります。

また、ケガやその他身体的な症状があれば、かならず病院を受診することも必要です。
人身事故と物損事故では、保険会社や警察での取り扱い方が異なるため
保険金の金額にも影響が及ぶおそれがあります。

むち打ちのように交通事故からしばらくして症状が発生することもあり、
これは場合によっては後遺障害として認定される可能性もあることから
ケガなどの目に見える症状がなくても受診しておくことが必要なこともあります。

対応しきれない部分は弁護士へ


営業車の交通事故をめぐるトラブルのケースについては、社内だけではなく
法律の専門家である弁護士などに解決を依頼をすることも有効です。

処分する