トラブルになる前に弁護士に相談する

交通事故の防ぎきれない部分   

交通事故には費用が掛かる 日ごろから安全運転を心がけていますが、もらい事故というものは
防ぐことが難しく、後ろから追突されてしまいました。
こうしたものはいかに自分が気をつけていてもどうにもならないものです。

幸い私自身は十分な車間距離をとっていました。
そのため、さらに前の車に追突するといった
玉突きにならなかったのが幸いです。

交通事故を起こしてしまった交差点は神戸市内の国道であり
前方が渋滞していて。ゆっくりブレーキをかけたのですが
後ろのクルマが前方をよく見ていなかったので
追突したのだと考えていました。

すぐに連絡する
交通事故を起こした経験がほとんどないので、事故時の交渉は
不慣れであった為、 相手の方の主張に言い負かされて
責任をなすりつけられそうになりました。

まさか事故の相手がこんな悪質なことをするとは。 と大変驚きました。

このままでは自分が急ブレーキを踏んだために事故が起こったことに
されそうだったので、知り合いに電話で相談したところ、神戸でも
交通事故案件をたくさん扱っている弁護士を紹介してくれました。

連絡した時はちょうどその弁護士の方が手が空いていたため、
すぐに駆けつけて 交渉をしてくれました。

事故相手の人は、弁護士が来ると素直に対応して、自分の過失を認めてくれました。

心強い
自分ひとりでは交渉に負けていた可能性が高いので弁護士さんに来て頂いて
とても助けになりました。

もらい事故の対処法や被害者が請求できる損害賠償について

もらい事故は、過失割合が0対10になるような、完全に相手が悪いことが分かっている事故のことです。

例えば信号待ちで後ろから追突されたなど、自分に過失がない状態で
事故に遭ってしまったケースになります。

もらい事故に遭ってしまったときの対処法は、まずけが人の有無を確認することが大切です。
自分や同乗者だけでなく、相手もケガをしている場合は、救急車を呼ぶなどの救護を最初に行うようにしましょう。

次に、必ず警察に連絡をして、現場検証をしてもらう必要があります。
なぜなら保険を使う場合は、必ず事故証明が必要になるからです。

その時に警察に届けていないと、事故に遭ったということが証明できなくなり
賠償責任などを追及できなくなってしまうこともあるので、必ず警察には連絡をする必要があります。

その他にも、相手の身元を確認することなどが重要です。
過失割合が相手の10割の場合は、車の修理代や病院の治療費、
慰謝料などを請求することができます。

いざとなるとやはり対処は大変


慣れないうえに一人では心細いです。
弁護士の方には話を付けてもらえたこともありがたかったですが、何より
一人ではないことが非常に心強かったです。

何かあった時のために、弁護士の方を普段から探しておいても良いなと思いました。