トラブルになる前に弁護士に相談する

困った時の強い味方

交通事故には費用が掛かる 自宅が神戸にある為、いつもバイクで神戸の街を走っていました。
今まで交通事故を起こしたことはなかったし、毎日安全運転して
いたのですが、まさか車に接触されるとは思いませんでした。

見たところ、大きな怪我はありませんでした。
ひどい痛みなどもありませんでした。

接触する

ですが、交通事故はあとから症状が出ることも多いと聞きます。
念の為、救急車には乗って病院に行ったのですが、軽傷で済んだのは幸いです。

しかし、バイクは破損してしまい、乗り続けるのは困難な状態でした。
自分が病院にいるのをいいことに、バイクの方が悪いと車の運転手に言われてしまい、
それが事実になりそうだったので、弁護士に依頼することにしました。

軽傷で済んだとはいえ、怪我をした上に責任をなすりつけられるとは驚きでした。
まさかと思いました。

軽傷で済む

誰に依頼をしたら良いのか分からなかったので、口コミで弁護士を探しました。

自分が病院などで話し合いに行けない時も、きちんと対応して貰えて、
弁護士に依頼をするのはとても便利だと思いました。

確かに弁護士に依頼をするとお金はかかりますが、複雑になりがちな
交通事故などはプロに頼んで話をまとめてもらった方が、とても便利で
良いのも確かなことでした。

もし友人が交通事故で困ることがあるならば、安心できる弁護士を
紹介することができるようになりました。

こういう困った時には強い味方が必要です。
本当に力になっていただけて、お金がかかったとはいえ
示談や慰謝料に関する知識もなにもなかったので、
自分一人でしていたらもっと大きな損をしていたでしょう。
そう思うと本当に良かったです。

示談における知識|宥恕(ゆうじょ)つき示談の被害者・加害者のメリット

交通事故が起きた時に、加害者と被害者の間で話をすることで話し合い、
加害者から被害者に対して賠償金と慰謝料を支払うことで起訴されずに済むことがあります。

そのように、話し合いで解決することが示談です。
示談では、示談書に事故の内容と時賠償金や慰謝料の金額などの
双方が合意した内容を書き記しておきます。

その示談書に被害者側に宥恕があるときには宥恕条項を入れることもあります。

宥恕というのは、簡単に言えば加害者を寛大な心で許してやるという被害者の気持ちです。
そこには初犯だから、加害者から丁寧な謝罪と賠償を受けたので示談をしたから
寛大な処分を願うといった事が書かれます。

宥恕条項を入れておくと、起訴されずに済むこともあります。
加害者にとっては宥恕してもらえば刑事処分を免れるというメリットが有るわけですが、
被害者にはどのようなメリットがあるのかというと、受け取れる賠償金・慰謝料の額が多くなる事が多いです。

より多くのお金が手に入れば、治療費や生活費で悩むことも少なくなります。