トラブルになる前に弁護士に相談する

弁護士へ依頼することのデメリット

交通事故には費用が掛かる まず、交通事故による損害賠償の基本的な仕組みをおさえましょう。
交通事故に巻き込まれた場合には、まず身体が傷ついたなら、
その治療に費用が発生しますね。この費用は当該事故がなければ
生じなかったものですから、当然のこととして相手方に請求していきます。

請求

具体的には、民法第709条の規定による不法行為に基づく
損害賠償請求という法的構成を取ることとなるケースが多いです。

不法行為という構成をとる場合は、交通事故があった事実と
損害額について請求する側が立証することとなりますし、相手方からしたら
例えば歩行者が入れない場所に入ってきたなどの事情があれば
そちらにも落ち度があるだろうということで、過失相殺という理論により
損害賠償額の減額を求めてきたりします。

このように、きわめて法律の専門的な知識を使って交渉していくこととなるので
知識がない場合は弁護士に依頼し、交渉と賠償額を受け取るところまで
委ねるケースが生じてくるのです。

弁護士に依頼するデメリットとは

このように、きわめて法律知識を活用した専門的な議論であるとすれば
弁護士に依頼するのはメリットしか感じられないかもしれません。

しかし、実際に弁護士に依頼することがデメリットとなるケースも存在するのです。

例えば相手方、実務的には相手方が加入する保険会社が提示してきた
賠償額がある程度妥当なラインの金額であったような場合です。

妥当な金額

この場合は、弁護士に依頼して交渉しても大幅な増額は期待できません。

そして弁護士に依頼する場合には、通常は着手金として数十万円程度と、
そして賠償額の10%程度を経済的利益が生じたものと考え報酬として支払うことが生じえます。

この場合ははっきり言って費用倒れになります。
素直に相手方の金額を受け取っていた方が、実際に手元に残る金額は大きかったというケースなのです。

このケースを見極めるには相手方の提示額が妥当かどうかを見極める目を持つ
必要がありますが、相手方がどのような資料を根拠に算出したのかを聞き取れば
それを自己検証してみるというのも一つの方法です。