トラブルになる前に弁護士に相談する

過失や責任の有無

交通事故には費用が掛かる神戸など栄えた街ではたくさんの人がいるでしょうし、交通事故に
合ってしまうこともあるかもしれません。

その場合、一番話がもめる原因となるのはお金にまつわることでしょう。
車やバイク、自転車などの修理代であったり、怪我をした場合は
その治療費、精神的な苦痛や生活が困難になった場合の慰謝料など、
様々なお金にまつわる話し合いがあるのでしょう。

人身事故は罰則が強化!交通事故の違反点数や罰金・免停について

これまで、人身事故に関連する危険運転致死傷罪や自動車運転過失致死傷罪は
刑法の中に規定されていたのですが、新たに法律が作られたために
刑法からは削除されることになりました。

新法である自動車運転死傷行為処罰法は、平成26年5月20日に施行され
自動車運転死傷事故にかかわる刑罰が加えられており、罰則も非常に厳しいものとなっています。

その概要は、一方通行などの通行禁止道路を危険な速度で運転したり、
飲酒や薬物使用または精神的障害や発作などで死傷事故を起こした場合など多岐にわたります。

人身事故は、もともと物損事故とはまったく違った違反点数の付加がありましたが、
この自動車運転死傷行為処罰法では、死亡や負傷そして無免許であった場合の加重など
罰則が細かく規定されています。

もちろん罰金も今までとは違ってさらに高額となっていて、交通事故の中でも
その行為が危険になるほどより罰則が強化されて免停だけではなく懲役刑も長い期間を設定しています。

多方面で費用がかかる交通事故

しかし、お金にまつわることの1つに、保険にまつわることもあるのです。
交通事故に備えて、保険に加入している人も多いのです。

こういった事故にまつわるお金の処理のために加入しているのが保険。
ですが、その支払いや内容についてもめてしまうことが多々あるというのです。

支払額

何かがあった場合、保険会社から払われることもありますが、その支払いの金額についても
負担がどれくらいになるのかは、事故の過失などもあるのです。

過失や責任の有無については、保険の支払いや免許の点数などにも関係します。
そこで、できれば少しでも過失を減らしたいと思うのが人情です。

そして、それらお金に関わることは、話がこじれてしまうことも多いものなのです。
そのような場合は弁護士に依頼をした方が、よりうまく話がまとまる可能性が高いのです。

得意分野
しかし、神戸にはたくさん弁護士がいるでしょう。
きちんと交通事故に詳しい具体的には保険会社との示談交渉に始まり 示談金、賠償金、
後遺障害など専門知識弁護士を選ぶことが重要です。


そして、できる限り、話が難しくなってしまうより前に、交通事故専門弁護士に依頼をした方がより良いのです。
弁護士ならば、自分に過失がないのならば、それをきちんと誰でも分かるようにしてくれるでしょう。

やはりそういうことを専門にしているのですから。
話を上手くまとめてどのようにすべきかを教えてくれます。
事故なんて慣れている人はいませんから、心強い存在になるでしょう。